Smart Prking Lab

駐車場情報

ドライブ中のイライラ・ストレス撃退法3選

2017.3.3

Pocket

iraira1

長時間ドライブをしていれば、渋滞に巻き込まれたりしてイライラしたりストレスが溜まったりするのは避けられません。
しかし、せっかくの楽しいドライブをイライラやストレスで台無しにしたくはないもの。

そんな時、車内で簡単に試せるイライラ・ストレス撃退法を3つご紹介します。

ドライブの大敵「運転中のイライラ・ストレス」

長時間ドライブをしてると、時には渋滞に巻き込まれたり、疲れが溜まったりしてイライラしてくる人もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、せっかくのドライブ、家を出発してから目的地に着くまで車内で楽しく過ごしたいものですよね。

また、イライラしたりストレスが溜まったりすると、自分では気付いていなくても運転にイライラが現れて、事故を起こしやすい危険な運転をしがちです。

道中の安全のためにも、イライラを抑えて、ストレスなく過ごせるような工夫が必要です。

1・社内でカラオケ大会を始める

iraira2

イライラする原因は、渋滞だけに限りません。中には乱暴な運転をするドライバーに対してイライラするという人もいるでしょう。
そんな時は、相手に聞こえないのを良いことに車内で大きな声を出すのがおすすめです。
「乱暴な運転をするなんて、なんてドライバーだ!」
「危ないじゃないか!」
という気持ちを込めて大きな声を出せば、少しはイライラも抑えられるのではないでしょうか。

また、この応用として車中カラオケ大会を開催してみるのもおすすめです。
もちろん、一人でも構いません。
普段なかなか歌う機会がない人ほど、一人きりの車内で心置きなく歌う快感に目覚めてしまうかも・・・?

声を出す、歌を歌うというのは、ストレス発散に効果があります。
ただし、熱唱しすぎて運転がおろそかにならないようにだけ注意してくださいね。

2・ガムを噛む

iraira3

イライラしたときは、ガムを噛むのも一つの方法です。
この時のガムは眠気覚まし目的ではないので、自分の好きな味のものでOK。
また、ガム以外にキャンディにも同じような効果があります。

イライラしている時に糖分を摂取すると、一時的にではありますが、イライラが鎮まるという研究結果があります。

また、ミント味のガムであれば、ミントに含まれるメントールがイライラを緩和させてくれるとも言われています。
眠気覚まし・より強いイライラ抑制効果を期待してガムを噛むのであれば、ミント味のガムがおすすめです。

長距離ドライブの際は、車の中にガムやキャンディを常備しておくと良いですね。

3・サービスエリアで休憩&ストレッチ

iraira4

どうしても狭い車内にカンヅメ状態だとストレスが溜まってイライラしてしまうものです。
そんな時は、思い切って休憩を取りましょう。
サービスエリアや道の駅などに立ち寄って、外の新鮮な空気を吸って軽くストレッチをするだけでも気分がさっぱりします。

とはいっても、そう頻繁に休憩は取れないもの。
そんな時は車内でできる簡単なストレッチを試してみましょう。

首を回したり、手足を伸ばしたり、肩を上下に動かすだけでも違います。

車内でストレッチをする時は、必ず車が動かない状態で行ってください。
ギアはパーキングに入れ、サイドブレーキを引いて行うようにしないと、不意に足がブレーキから離れたり、間違ってアクセルを踏み込んでしまったりして思わぬ事故につながります。

時間と心にゆとりをもって、ストレスフリーなドライブを

渋滞や乱暴なドライバーなどイライラやストレスの原因は様々ですが、一番の原因は「時間と心にゆとりが足りないこと」です。
時間に余裕を持って、ゆったりとした気持ちでドライブに出かければ、イライラすることも減るのではないでしょうか。
自分なりに工夫をして、ストレスフリーなドライブを楽しんでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事