Smart Prking Lab

ビジネスハウツー

大人のインターン!?自分の知らない仕事を知るきっかけ「仕事旅行」

2017.6.8

Pocket

intern

「インターン」は学生時代にやったことがある人もいるのではないでしょうか。
しかし、社会に出てからインターンをすることは稀かと思います。
そんな「インターン」ができる旅行が今ジワジワとブームになってきているのはご存知ですか?
今回は自分の知らない業界を知るきっかけになる「仕事旅行」についてご紹介します。

仕事旅行とは?

仕事旅行と聞いて思い浮かべるのは、どんな旅行でしょうか?
社員旅行や出張を思い浮かべる人は少なくないでしょう。

しかし、ここ近年社員旅行や出張とは全く別の「仕事旅行」がブームになってきています。

仕事旅行とは、簡単に言えば「大人のインターン」です。
自分が興味のある仕事を体験し、違う業界を知ることで自分のキャリアアップに役立てようという試みを言います。

インターンというと都心部で行うものというイメージがある人も多いかと思いますが、
仕事旅行では地方で行われるインターンも数多くあり、その土地でしかできない仕事体験をすることも可能です。

普段の仕事では知ることができない業界の仕事を体験することで視野が広がり、
これからの毎日の中で新しい気付きが得られると年々参加者が増えてきていると言います。

もちろん仕事の体験は楽しいものですが、「ランチミーティング」もその業界を知るには欠かせないアクティビティです。
その仕事の楽しいところや辛いところを、昼食をとりながら質問できる機会は滅多にありません。
同じ食卓を囲みながら、ぜひ深いところまで質問してみましょう。
その道を究めたプロフェッショナル・職人だからこそ言える「名言」「金言」に触れられるかもしれません。

伝統産業を体験する「仕事旅行」

仕事旅行」さんのサイトを参考に記事をまとめました。

仕事旅行を一口に言っても、そのプログラムは様々です。
中には、地方に足を運び、その地方の伝統産業を体験する仕事旅行もあります。

例えば、北陸へ仕事旅行に行き、鋳物の製造を体験するといったコースや
東北屈指の酒どころで酒造りを体験するといったコースもあります。

インターンをするためだけにその街を訪れるのではなく、
旅行中のひとつのアクティビティとして仕事旅行を取り入れるのがおすすめです。

所用時間は2時間から9時間以上、時には数回にわたって行われたりとプログラムによって様々。
短時間のプログラムでも濃い体験ができるのが仕事旅行の魅力です。

仕事旅行の良いところは、ただ体験して終わりではないところ。
ものづくりのプログラムでは、自分で作ったフライパンや自分の作品などの「お土産」が付いてくるプログラムもあります。
「学ぶ」だけではなく「楽しむ」の仕事旅行の大事なポイント。
記念になるものが手元に残るというのは嬉しいですね。

費用はいくらぐらいかかるの?

仕事旅行は、プログラムによってかかる費用が異なります。
仕事旅行のサイトでは、安いものは5000円以下、高いものになると10万以上と、プログラムによって大きな差がありました。

当然ながら、仕事旅行の費用は、あくまでもプログラムの体験費用です。
仕事旅行は現地集合・現地解散ですので、このほかに交通費や滞在費なども掛かります。
当然滞在する期間が長くなれば費用も高額になりますし、住んでいる場所から遠くへ旅行するのであれば交通費も高額になります。

仕事旅行は、社会人が旅行の際のアクティビティとして体験できるインターンです。
公式サイトでは様々なプログラムが紹介されているので、自分が興味のあるプログラムに申し込んでみてはいかがでしょうか。

なお、仕事旅行で訪れるのは、職人さんやプロフェッショナルの実際の職場です。
いつでも好きな時にプログラムを体験できるとは限りません。
そのため、できるだけ早めに予約をするようにしましょう。

新しい視点を求める機会に

社会人になると、なかなか自分がかかわっている業界以外のことを知る機会がなくなります。
しかし、自分が知らない業界にこそ、自分の仕事をさらに高みに持って行くためのヒントがあるもの。
できるだけ様々な業界の人やモノに触れ、常に自分をブラッシュアップしていきましょう。

スマートパーキングダウンロードはこちらから

App Store Google play
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事